子どもの将来のために教育にはお金をかけましょう

昔の私たちの国は、鎖国をしていましたから、国内の事だけを考えていれば済んでいました。

英語教育に力を入れなければいけません

子どもの将来のために教育にはお金をかけましょう 昔の私たちの国は、鎖国をしていましたから、国内の事だけを考えていれば済んでいました。ですが外国からの圧力により、開国をするに至りました。開国をしてからは、自国の事だけを考えていれば良いと言う訳には行かなくなり、外国との関係を上手く取り持つ必要が出て来ました。その際に重要な役割を示すのが、言葉です。私たちの国と外国とでは、話す言葉が違いますから、どちらかがもう一方の国の言葉を話せるようにならなければなりません。

現在世界の大半の国で使われている言葉は英語ですから、私たちが英語を話せるようにならなければいけません。ですが私たちの国の英語教育は立ち遅れていて、大学生ですら英語をぺらぺらと話せるのはごく少数です。これではとてもではありませんが、世界の人たちと対等な立場になる事は出来ませんから、早急に英語教育に力を入れて行くべきだと考えられます。私たちの国は国土が狭い小国ではありますが、世界から注目されているのですから、英語の一つぐらい話せなくてはいけません。

おすすめ情報