子どもの将来のために教育にはお金をかけましょう

今の学校のようにまとめて学習させるという教育方針は義務教育では難しいのかもしれません。

義務教育と本来の学習とのギャップ

子どもの将来のために教育にはお金をかけましょう 今の学校のようにまとめて学習させるという教育方針は義務教育では難しいのかもしれません。今の学校などでの問題は学習などの質を高める点ではなく、その他の問題に移っています。学び舎が学び舎ではなく人間関係のるつぼのような状態です。そうなると子供を学ばせるのには適していない場合も多くなります。それで必要なのがオートメーション化のような学び舎ではなく、それぞれの個性が生きてくる学習の場を見つけることです。今では通信制の学校やその他色々な学ぶ場所がありますが、それをさらに広げて選択肢を増やすということが重要になります。

受け皿が色々あり、それが優れていれば、その受け皿で生きてくる子供たちも増えます。海外でも国土が広い国では、通信制の学習の体制が整っている国もあります。今はインターネットも使えますので、それらを活用して苦行のような学校生活をしている子供たちには別の道を与えることも必要になります。また高学歴などではなく、色々な職業の技術を習得するというチャンスがある場を与えることも必要です。教育面でも今は時代のかと気なのかもしれません。

おすすめ情報